転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

ドル安に拍車

 ドル安に拍車が掛かってきました。驚いたことに、ダボス会議に出席中のムニューシン財務長官が、ドル安は米国にとって好ましいとの発言をしました。1995年のロバート・ルービン氏以降の財務長官は、強いドルが米国の国策と繰り返し発言してきました。

保護主義に急旋回なら激震も

 経済学の教科書的には、通貨安が自国経済を貿易面で優位に立たせるため、通貨安政策を採りたいという誘惑に駆られるとろですが、基軸通貨国の米国が保護主義に傾くとなると、それをファイナンスしている外国人投資家は、大量に保有する米国債を手放したくなります。ムニューシン氏の真意はどこにあるのでしょうか?トランプ政権が保護主義に急旋回するならば、世界のマーケットに激震が走る可能性があります。

円高進行した場合は25日線の攻防

 さて、ドル安の影響もあり昨日の日経平均は続落となりました。終値で5日線を割り込んできました。まだ、25日線には距離があるためにトレンドが崩れた訳ではありませんが、円高が更に進行した場合は25日線の攻防に向うことになりましょう。




モメンタムマイナスになれば調整色濃厚に

 昨日の下落で25日モメンタムは前日の0.06から0.03に急落。10日モメンタムは18日の0.4をピークに連日下落して昨日は0.01です。マイナスゾーンに入り込む場合は調整色を濃くすることになりましょう。
日々勇太朗




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket