転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

NYダウのテクニカル改善

 トランプ発言で一喜一憂のマーケットですが、テクニカルチャートは徐々に改善してきました。NYダウは連日値幅を伴った乱高下を繰り返しているように見えますが、12日の上昇で25日線を回復してきました。5日にはMACDがゴールデン・クロスし、12日には一目均衡表の基準線を上回ってきました。

日米とも株価は上向き

 一方、日経平均は3週連続の上昇となり昨年4月、9月の底打ちの時と同じ形となりました。なんだかんだと振り回されますが、日米共に株価は上向きに転じだしていることが分かります。

海外勢買い越し

 12日に発表された投資主体別売買動向では海外勢が2週連続で買い越しとなりました。海外勢は一度買い越すと暫らくは継続する傾向にありますので、彼らが売り越しに転じるまでは押し目買いで報われましょう。動きが一変してきた金融株に注目です。

日々勇太朗




株式情報と相場見通し

Pocket