転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

ちょうど3%の切り返し

 昨日の東京株式市場は続伸しました。先週木曜日に様々なテクニカル指標が陰の極シグナルを発生し、米中関税が実施に移されたところで悪材料出尽くし感が台頭。日経平均は5日安値の2万1462円から昨日は2万2105円まで643円幅、率にするとちょうど3%の切り返しとなりました。

中国株も底打ち感

 アジアマーケットでも上海総合株価指数が6日安値2691ポイントで底打ち感が出始め、昨日は5日線を回復してきました。香港ハンセン指数は5日安値から3日連続陽線を立てる赤三兵が出現。やはり6日の関税実施で悪材料出尽くしのようになっています。

75日、200日線越えが焦点

 ただ、だからといって上昇相場に転換したとは言えません。日経平均は先週金曜日に5日線を回復したにとどまっています。この上には2万1450円近辺に200日線、2万1890円近辺に75日線が控えています。
75日線や200日線は中・長期のトレンドを示す信号機のようなものです。ここを越えられるかどうかが今後の焦点です。

きょう陽線形成できるか

 6月12日に2万3011円で日経平均はダブルトップを形成した形になっています。それ以降の下落過程で日経平均の日足ローソク足は6月20日~21日しか連騰記録がありません。先週金曜日と昨日で連騰の形となりました。本日更に陽線形成できるのかどうかが大事です。反落した場合は相場は昨日で戻り一杯という判断に傾きます。

日々勇太朗




株式情報と相場見通し

Pocket