転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

急反落ながら押目買い入る

 昨日の東京株式市場は急反落となりました。米通商代表部が追加対中関税2000億ドルの公表をしたことで寄り付きから売られました。一時、452円安まで日経平均は売られましたが、その後は押し目買いが入りました。

アイランドリバーサル

 10日は25日線に接近する上昇を経て日足は上髭陰線を形成。先週5日のザラ場安値からのリバウンドが終了した形でした。昨日は上述の悪材料が表面化したことで日足の窓を空ける下放れとなり、前日の寄せ線がアイランドリバーサル形状となりました。しかも再び75日線、200日線を割り込んできました。

一目均衡表転換線を維持

 日足ローソク足は下髭陰線形成です。日経平均の下値は一目均衡表の雲下限でサポートされ、終値は転換線を維持しました。本日は5日線(2万1903円)がサポート機能を発揮するのかどうかに注目です。

日々勇太朗

相場見通し

Pocket