転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

3日続落

 昨日の東京株式市場は3日続落となりました。先週挑戦した2万3000円が重かったこと、週末にトランプ大統領がドル高牽制発言や中国からの輸入品全てに関税を課す発言に加え、ロイター通信が今月末の日銀会合で金融仲介機能や市場機能の低下などの副作用に配慮して、長期金利目標やETF買い入れ手法の柔軟化を議論する模様と報じたことが悪材料視されました。

嵩株急落も金融は逆行高

 為替は110円台まで円高が進行、指標10年国債利回りは一時0.090%まで急上昇。株価は指数採用値嵩株中心に急落です。しかし、長期金利上昇により銀行株中心に金融ポストは逆行高。この構図は確か今年1月にもなかったか?

値下がり銘柄数は限定

 日経平均は2万2300円台に落ちてきました。25日線、75日線の走っている位置です。300円以上下げている割には値下がり銘柄数は限定的です。押し目買いに分がありそうです。

日々勇太朗

証券市場新聞 公式有料メールマガジン




株式情報と相場見通し

Pocket