転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

8月日経平均陽線もTOPIXは反落

8月相場が終わりました。日経平均は3カ月連続の陽線形成でしたがTOPIXは反落しました。NT倍率13倍超が続いており、日銀がTOPIX連動型ETFへの配分を分厚くした割には日経平均主体の上昇が続きました。

8月第4週は外人も個人も売り越し

8月30日に8月第4週の投資部門別売買動向が発表されました。現物株市場での海外投資家動向は4週連続売り越しで売り越し額は840億円、また個人投資家は4週ぶりに売り越しに転じ、437億円の売り越しということでした。日経平均は8月21日より8連騰しているにも関わらずです。

短期資金による仕掛け

では誰が買い越して指数を引っ張り上げたのかというと海外投資家が先物市場で2243億円の買い越しとなっていました。長期資金が流入している訳ではなく、短期指向の資金による仕掛けということになりますので、相場は決して強い訳ではありません。

日々勇太朗




株式情報と相場見通し

Pocket