転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

厳しい展開

 昨日の日経平均の日足ローソク足は陽線形成でしたが、2万2570円~2万2535円に窓が空きました。TOPIXの日足ローソク足は陰線形成で、1701.27~1700.04に窓が空きました。日経平均は75日線が意識されての攻防となりましたが、MACDがデッドクロス。一目均衡表では基準線が下値サポート機能を発揮した形ですが、TOPIXは既に75日線、25日線を割り込み、5日線と25日線がデッドクロス。一目均衡表でも転換線と基準線がデッドクロスと厳しい展開となっています。

下値の堅さを試す月

 戦後1949年5月に取引所が再開されて以降、昨年までは9月は32勝37敗と月別で唯一負け越していました。(今年34勝35敗で5月も負け越しとなりました)9月は決算月であり、決算対策売りが出てきますので、上値より下値が堅いのかどうかを試す月。水害、台風、地震つづきとこれはもうリーマンショック級の自然災害となっています。消費税増税延期がのぞまれるところです。

日々勇太朗

相場見通し

Pocket