転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

ここから下は買い場?

 8月相場は下旬から8連騰した株式市場。9月に入って下げ続けており、日経平均株価は6連敗となっています。9月は苦月というパフォーマンスの悪い月であり、決算対策売りに上値を押さえられてしまう傾向があるようです。本年5月以降は2万3000円近辺が重く、下値は概ね2万2000円割れと上下幅約1000円の往来相場が続いています。先週末は2万2100円台まで売られましたが、ここから下は買い場ということになりましょうか?

小型株の短期投資

 ここにきてマザーズ市場がようやく立ち上がりだしました。6カ月連続月足陰線という厳しい下落が続いていましたが、8月相場で下髭の陽線が立ち、日足でも25日線上で頑張っています。信用残が3兆円割れとなり、ある程度の投げが一巡しだしたものと思われます。動意付いた小型株の短期投資に分がありそうです。

日々勇太朗




株式情報と相場見通し

Pocket