転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

日足二段上げが示現

先週の東京株式市場は10月以降の急落が落ち着き、戻りを試す展開となりました。日経平均は昨年12月26日安値から先週は日足二段上げが示現しました。10月高値以降の二段上げは2度目です。現在は10月高値から長期3波動下落のなかの第1波部分が進行していると思われ、その長期第1波動の下落は5波動構成と想定しています。

日足二段上げ4波動目

日足二段上げで波動転換とカウントすると、2万4448円~①~2万9071円~②~2万2698円~③~1万8948円~④~2万0494円と4波動目とカウントできます。この④波の上昇が終わると最終⑤波の下落により1万8948円を割り込み、長期第1波動の下落が終了し、長期第2波動の大きなリバウンドに向かうものと考えております。

④波のリバウンドは戻り売り

となると足元の④波のリバウンドは戻り売りということになります。概ね12月高値から半値戻しの水準となる2万0800円近辺ではないでしょうか。

日々勇太朗

225

参加費無料2月2日(土)創刊3周年記念!株式セミナー in大阪 参加申し込み受付中!




株式情報と相場見通し

Pocket