転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

5波動目の下落となるか

 先週の東京株式市場は5週間ぶりに反落しました。週初は上昇継続で2万0981円まで上値を伸ばしましたが、上値は重く日足ローソク足は陰線つづき。週末に欧米の株価が急落したことで、日経平均は日足の窓を空けて急落となりました。再三お伝えしておりますように、昨年10月の高値からは日経平均は4波動となっており、今回の下落で5波動目の下落となるのかどうか。TOPIXでは5波動の下落が終了しているために微妙なところではあります。

二番底形成の動き

 既に大底打ちとなっているのであれば、今回の下落は二番底形成の動きと考えられます。その場合、下値の目処は1万8948円~2万0981円の上昇に対する38.2%押しならば2万0204円、半値押しであれば1万9964円、61.8%押しならば1万9724円、78.6%押しまでいけば1万9383円ということになります。

日々勇太朗




株式情報と相場見通し

Pocket