転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

業績低迷銘柄への売りが重し

 週明けの東京株式市場は続落しました。今週は30~31日のFOMCの結果待ちで明日までは動けない環境。そこへ業績低迷が明らかになった銘柄への売りが重しとなり、更に韓国株や香港株が安く推移したことも嫌気されました。本日も前日の決算発表で日本精工やコマツ、SCREENなどが前年比で悪化していることで、上値追いには難しい環境ではないかと思われます。

SHIFT5400円目指す

 個別銘柄では先週提示後に続落していたSHIFT(3697)が切り返してきました。先週末にほぼ十字足の日足形成後、昨日は窓を空けての陽線が立ちました。これでほぼ底入れではないかと思います。まずは直近の下げ幅の半値戻しとなる5400円近辺を目指すのではないかと考えております。

日々勇太朗




株式情報と相場見通し

Pocket