中銀会合と決算発表【転ばぬ先のテクニカル】

転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞
目次

半導体関連牽引し6日続伸

 昨日の日経平均は6日続伸となりました。先週末の米国市場ではS&P500が取引時間中の最高値を更新、半導体SOX指数が最高値更新により、東京市場でも東京エレクトロンやアドバンテストなど関連銘柄が牽引しました。しかし、非常に静かな上昇であり売買代金に盛り上がりが見られません。
 半導体関連銘柄には売り長銘柄が多く、売り方が締め上がられている状態。売り方にしてみれば押し目が欲しくて粘ってみてもジリジリと上げてしまいイライラが募っていることでしょう。そんな彼らがいつ諦めてショートカバーを入れるのか!?

冷静にポジション整理

 さて、今週は米FOMCと日銀会合が予定されており、9月中間決算発表も861社といった具合で動きづらい週と言えそうです。また、現在の株価位置は昨年5~7月にもたついていた位置でもあり、ここでは一旦押し目形成があってしかるべきではないかと考えます。ショートカバーに火が付けば、そこはショート勝負。現物は少し利食いを交えて冷静になる、そんなポジションの整理が必要ではないかと考えております。

日々勇太朗




株式情報と相場見通し

Pocket

転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる