転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

日経平均デッドクロス接近

先週の東京株式市場は続落となり、日経平均株価は一時2万2726円まで急落する場面がありました。週末には2万3000円台に戻しましたが、5日移動平均線と20日移動平均線のデッドクロスが近づいており、早急に大陽線を建てないと下降転換してしまいます。

マザーズ三角持ち合い上放れ

21日の急落場面で逆行高した銘柄に直近IPO銘柄が目立ちました。マザーズ指数が8月以降に形成していた三角持ち合いを上放れてきており、指数の調整とは相反し、出遅れていた新興市場銘柄が上昇局面に入ってきたようです。

餅つき相場は今年のIPO銘柄

11月相場も残りわずかとなり、来週から12月相場入りとなりますが、年末特有の餅つき相場、掉尾の一振として出遅れていたマザーズなど新興市場に資金が流れだした印象です。今年のIPO銘柄を株価ボードに登録し、出来高などの変化が出たものに付くべきでしょう。

日々勇太朗




株式情報と相場見通し

Pocket