市場は常に正しい【転ばぬ先のテクニカル】

転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞
目次

5日線近辺から切り返す

 昨日の東京株式市場はマチマチの展開でした。日経平均は反発しましたが、TOPIXは小幅に続落で、売買代金は2兆2934億円にとどまりました。9日のNYダウは7日ぶりに反落しましたが、ナスダックは3日続伸で一時1万ポイントに乗せました。東京株式市場は107円台半ばの円高もあり売り先行でスタートしましたが、押し目買い意欲が強いようで日経平均は5日移動平均線近辺から切り返しました。

SQ通過で需給イーブンに

 頭で考えると方向性が間違っていても、相場は相場。うまく波に乗って利益を得ればいいということを端的に現した格言が「市場は常に正しい!」です。しかし、このまま上げ続けられるものだろうか、と筆者はやはり考えてしまいます。足元の上昇は需給要因とお伝えしていますが、今週末のSQ通過でタイトな需給はイーブンに戻ります。

マーケットは悪材料望む

 SQ後も高いといった強気派が増えてきましたが、そうでしょうか?買い上げる理由が私には浮かびません。マーケットは悪材料出現を望んでいます。世界の中央銀行が市場心理の悪化を防ぐため、無尽蔵に金融緩和をしてくれるからです。しかし、ジャンク債まで買い支えることには違和感を感じます。それでも「市場は常に正しい」のです。う~ん、悩ましい市場ですね。

日々勇太朗




株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる