騰落レシオが80%割れ【転ばぬ先のテクニカル】

目次

BOX相場に逆戻り

 昨日の東京株式市場は続落となりました。5日移動平均線と25日移動平均線とのゴールデンクロスが接近していましたが、終値では両線を割り込んでしまい、しかも、25日移動平均線はわずかながらも下向きに転じてしまいました。本日、両線を回復できない場合は再度BOX相場に逆戻りです。

大陽線の中で孕んだ形

 日経平均は176円安の2万2438円で取引を終えました。値上がり銘柄420に対し値下がり銘柄は1686。騰落レシオは78.9%と売られ過ぎ水準に入ってきました。出来高概算11億5596万株、売買代金は2兆1599億円でした。日足ローソク足は上髭(186円幅)の陰線形成。昨日、一昨日は6日の大陽線の中で孕んだ形です。

上抜けなければ下向き警戒

 下値サポートは2万1900円に走る200日移動平均線、上値レジスタンスは6日高値の2万2734円ということになります。どちらに抜けるのかを注視するところですが、本日以降に上値レジスタンスを抜けない場合、一目均衡表の遅行スパンが日々線の中に入り込んでしまうため、下向きを警戒せねばならなくなります。

日々勇太朗




株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

株は底値圏で大きくとるべし大伸経済の資料請求はコチラ!

Download (PDF)

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる