大証|企業速報 証券市場新聞

先月末から筆者の自宅では外装の塗り替えなどリフォーム工事を行っている。集合住宅なので筆者の一存ではどうにもならかったが、十年以上手付かずで傷みが目立っていたところに念願のリフォームが実現した。工事中は洗濯が干せないなど日々の生活が不便ながらその後、快適に過ごせると思うと我慢できると思う。
ただ、工事が開始されてからは不運にも台風などによる天候悪化でその日の工事が中止になるケースが相次いだ。天候悪化を想定して余裕を持って日程を組んでいるだろうけど、工事現場の方の苦労を感じた。住宅のリフォームでもこのように心配することが多いだけに、一旦は計画が見直しになった新国立競技場などの大規模施設の建設は大変だろう。最近で問題となっているのは築地市場の豊洲市場移転問題。小池東京都知事は移転延期を発表したが、多額の建設費と人件費をかけて建設した施設を白紙撤回するのも現実的ではなく解決への糸口を見つけるのは至難の業だ。現場で建設にかかわった職人の苦労や現場で働く方のことを考えるとやはり計画段階から落ち度なく進めるべきだった。時計の針を戻すことはできない。それ故にトップの責任は重い。

Pocket