時代の変化を反映した決算【星野三太郎の株街往来】

大証|企業速報 証券市場新聞
目次

好内容が目立ったのは自動車

第3四半期決算の発表が一巡した。好内容が目立ったのは自動車で、部品製造を行う企業を含めて幅広い関連企業で上方修正が散見された。
偶然だと思うが筆者の知人やご近所さんでも自家用車を買い替えたりセカンドカーを購入した人が多かった。テレワークで自宅で過ごす機会が増えて、平日に運転する機会が増えたので、10年以上乗り続けた自家用車に不便を感じて安全性能が向上した新車に買い替えたとか、平日に運転している妻子に文句を言われてセカンドカーとして軽自動車を購入したという話を聞いた。

在宅が増えて自動車が売れる

通勤や出張が無くなって電車に乗る機会が減少し電鉄各社が大幅な減益を余儀なくさた。半面、在宅が増えて自動車が売れるとう構図は、新型コロナによる生活スタイルの変化を反映している。この先、ワクチン接種が始まって、感染拡大が沈静化しても元の生活スタイルに完全に戻すことは簡単ではない。テーマパークで体験した4Dなどのエンタメも今は自宅で簡単に楽しむことができる。時代の変化で衰退する企業もあれば成長する企業もある。その変化に対応する必要がある。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

大証|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる