紙媒体の存在意義【星野三太郎の株街往来】

大証|企業速報 証券市場新聞
目次

某株式専門紙の廃刊

4月に入って宅配での購読申し込みの問い合わせが突如急増した。「月曜付で発行しているPDF版はPCやタブレットで無料で閲覧できるので、閲覧できる環境が無い方には有料で郵送での発送を行っています」との説明をすると、郵送での購読を希望された方が少なからず存在したが、その理由は、3月末で廃刊になった某株式専門紙の読者が同様の専門紙を探していることにあったようだ。

様々な情報がリアルタイムで取得できる時代だが・・・

スマホにニュースアプリをインストールしていくと、場所を問わず速報が配信されてくるので、今や紙媒体の必要性を感じなくなっている方が大半かもしれない。ただ、スマホの画面だと見出しだけでスルーしても、新聞で読むと重要な内容だと感じとることがあるので、紙媒体の存在意義が決して無くなった訳ではないと感じている。株価情報に関してはネット証券が提供するアプリを利用すれば、チャートを含めてが、紙面を拡げて見れば、上昇している業種とそうではない業種が一目瞭然だと語る方もいる。紙媒体の存在意義を改めて考えさせられた。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

大証|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる