ウィズコロナで経済を回す【星野三太郎の株街往来】

目次

自粛がなかったゴールデンウィーク

今年のゴールデンウィークは、自粛がなかったことから数年ぶりに知人宅で酒を飲みながら夕飯をたべることができた。ニュースをみているとテーマパークを筆頭に行楽地はどこも多くの観光客が訪れており、通常の経済活動に戻りつつある。ただ、数日前に社内でコロナ感染者がでており楽観はできない。幸い無症状で周囲に感染は広がっておらず、これからはさらにウィズコロナで経済を回していくしかない。

ゼロコロナ貫く中国

一方、ゼロコロナを目指すべく、ロックダウンを引き続き推し進めているのが中国だ。人口が多く医療体制が逼迫する状況で習近平主席は妥協しない方針を打ち出している。
ただ、取材先でも生産委託先の工場の生産停止で商品の入荷が遅れているとの話を聞くようになった。ゼロコロナでロックダウンが続けば、この影響は中国だけで済まなくなる。この状態が続けば中国から他のアジアへの移転が進むことになるだけに中国リスクには注意したい。

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる