進化し過ぎた情報ツール【星野三太郎の株街往来】

目次

機能が増えすぎて逆に使い難い

証券会社のネット口座は複数所有しているが、偶然にもこの数ヶ月でトレーディングツールのアップデートが相次いだ。新しいツールをインストールすると当然ながらチャートの描画などを含めて以前のものに比べて大幅に機能が向上していつが、機能が増えすぎて逆に使い難くなってしまった。

すべてを使いこなせる人は少ない

思い起こせばインターネットが普及する以前は、対面口座で、株価を聞くために担当の営業マンに電話していたのものだ。それが今となっては証券会社の社員が使用していたツールを遥かに上回る上方ツールを個人投資家が利用できるのだから、便利な世の中になってしまったが、実際のところ、一般の個人投資家ですべてを使いこなせる人は少ないかもしれない。

スマホアプリの使用がメインに

パソコンで使う情報ツールが進化を遂げる過程で今では、外出先で簡単に株価閲覧と注文が出せるスマホアプリの使用がメインになってしまった。時代の流れに対応できなくなったことに自分自身の年齢を感じることもあるが、シンプルに使いたいという投資家は以外に多いのでは思ったりする

 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる