大証|企業速報 証券市場新聞

3月期決算企業への取材が一巡すると6月下旬へ向けて株主総会が最盛期を迎える。筆者も取材に絡んで数社程度参加したが、お土産付きの総会への出席者が多く、知名度が高くてもお土産が無い企業の出席者が少ないのは昔からの傾向だ。ただ残念だったのは、お土産ありで大勢の株主が出席したにも拘わらず質問がほとんど出なかった企業があったこと。半面、お土産無しで出席者が少ないものの、熱心に質問する株主が多い総会もあった。その企業の担当者に聞くとお土産をやめて総会への出席率が悪くなったが、それでも毎年欠かさず出席して質問をする株主の重要性を認識していた。一方、総会後に株主との懇親会を行う企業もあった。総会で質問できなかった株主が懇親会で熱心に社長に質問する光景も見られた。今年は公平性の観点からお土産無しの企業が増えたとの話も聞いたが、株主総会のやり方はその企業毎に異なる。企業の特色がでていて総会に参加し易い環境ならばいいのは思う。可能ならば総会の実施日が集中しないことを願うのみだ。

Pocket