大証|企業速報 証券市場新聞

単純に喜べないEVの普及【星野三太郎の株街往来】

 株式市場でも度々話題となるEV(電気自動車)について、最近では「ホントにエコなの?」という記事が増えてきた。EVは化石燃料を必要としないから排ガスゼロでクリーンな移動手段だが、その電気自体は、原子力や火力発電所などで発電するから、電気の需要が伸びれば、発電能力の増強やそれでも無理なら発電所の増設が必要になる。しかも車載の電池にしても現時点では、その素材を新興国から調達、調達先は過酷な労働を強いているところもあるらしいから、実際にはEVが普及してもエコにはならない。それでも欧州や中国では後戻りでないだろから、これらの矛盾をどう解決するかが今後の課題だろう。
 加えて、筆者の周囲でも増えているのが、個人経営の整備工場の廃業。ハイブリッド車などで電子部品の搭載が増えるなかで、中小の整備工場では対応できなくなっているらしい。今後、EVになるとなおさらだろうが、多少の無理を言えたのも中小の整備工場の利点だっただけに技術の進化の一方で古き良きものが消えていくのは寂しい限りだ。新しいものが普及する過程では課題も多い。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket