大証|企業速報 証券市場新聞

JR九州以来の大型上場

 JR九州以来の大型上場とあってソフトバンクの新規公開には証券会社も積極的に営業を仕掛けているようだ。
 通常、発行済株式数が少ないマザーズやジャスダックへの新規公開企業は、公開前のブックビルディングに参加しても、当選する確率は極めて低い。その代わりに公開日の初値では公開価格を上回る可能性が高いから、当選して初値で売却すれば高い確率で利益を確保することが可能だ。

大型上場は当選確率高い

 ただ、大型上場となると売り出し株数が多くなるから当選する確率も高くなる。半面、上場初日に売却を考える投資家も多くなるから、初値がどうなるかは予測が付かない。因みにJR九州は公開価格2600円に対して初値は3100円、現在も3500円台だから長期保有しても含み益を確保している。

判断材料は投資家ごとに異なる

 筆者のところにも「どう思う?」との問い合わせが数人の知人からあったが、誰もが知る企業だから、その企業に対する愛着や経営者への信頼感など判断材料は投資家ごとに異なると思う。ブックビルディングで購入して上場後に利益確定した銘柄は、数年経過しても良い印象でその企業を見てしまう。願わくばソフトバンクも良い船出を期待したい。

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket