大証|企業速報 証券市場新聞

週末は取材が終わって、学生時代の友人と天神橋6丁目商店街の寿司屋に。夜9時というのにその寿司屋は満席で空席待ちの顧客が店外に並んでいた。並んでいる顧客をよく見るとアジア系の外国人観光客。結局、寿司屋の入店を諦めて別の店に行ったが、その話を店主にしてみると、最近では海外のグルメサイトに掲載する飲食店がこの商店街でも増えて、7~8割が外国人観光客で占めていた店舗もあったとか。訪日観光客の過去最高が巷で話題になった昨年、この商店街で外国人観光客を意識することはさほどなかったが、爆買いに疲れて円高になった現在は、格安で楽しめる庶民的な場所に癒しを求めているのかなと感じた。
並ばずに入店できた2件目の寿司店では、外国人観光客を見かけなかったが、その理由を聞いてみると、「海外サイトで宣伝して客数が増えてもそれは一時的だから。常連客に居心地が良い場所を提供することが優先・・・」と語っていた。
昨年末、大幅増益だった生活家電大手が次期は減収減益の予想を発表したことを思い出した。「爆買いは今年がピーク」というのがその理由だった。1年後、この商店街の雰囲気はまた変わっているかも知れない。先を読むのは難しい。

Pocket