大証|企業速報 証券市場新聞

最悪の決算シーズン

 3月期決算発表が峠を越えてきた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて発表が延期されたり、発表しても今期予想を非開示にする企業が多く、筆者が経験するなかで最悪の決算シーズンとなった。

レナウンが民事再生

 そのような中で15日にはレナウンが民事再生手続きを開始すると発表した。中国企業への傘下入り後も苦しい経営が続いていたが、百貨店の休業にとどめを刺された。上場企業の経営破綻は今年初だそうだが、百貨店を含めてリアル店舗での販売を主体にしているどの企業も経営は苦しい。政府の専門家会議では「新しい生活様式」として通販の利用を推奨しているが、そもそも肌触りや着心地を感じとるために試着を必要とするアパレルを通販で販売するには限界がある。サッカーや野球のプロスポーツも無観客や入場者の絞り込みが続けば先行き撤退するチームがでてくるだろう。

これまでの通リの経済活動に戻す

 今後は更に破綻や廃業する企業が増えるだろうが、「新しい生活様式」では増える失業者の行き場がなくなるだろう。ワクチン開発などこれまでの通リの経済活動に戻す取り組みが急がれる。

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket