大証|企業速報 証券市場新聞

有効な手段を打てずに手をこまねいている

 新型コロナウイルスの感染者が日を追うごとに増加の一途を辿っている。本来なら早々に緊急事態宣言を再発動すべきなんだろうが、経済活動を止めるリスクは大きく、政府は有効な手段を打てずに手をこまねいているとのが現状だろう。

希望を失った経営者

 緊急事態宣言が発動された春頃で既に悲鳴が聞えていたが、繊維問屋が多く構える船場界隈の経営者に聞くと、リーマンショックなど幾多の危機を乗り越えてきた老舗と言われる製造業でも、ここへ来て倒産や廃業が増えているそうだ。持続化給付金などの支援金で息をつないだ事業者は少なくないと思うが、銀行融資も厳しい状況では想像を超えた第二波の感染到来で、希望を失った経営者が多いのだろう。

政府による情報配信を増やす

 筆者の周囲では2度目の感染となり、先頃自宅待機が解除された知人がいた。免疫は数カ月で消えて再感染リスクが高いと語っていたが、重症化もしなかったそうだ。個人差はあるものの、ワクチンや治療薬が実用化されるまでは、コロナウイルスとの付き合い方を把握して行動するしかない。その意味では、単に自粛を促すだけでなく、政府による情報配信を増やしてほしい。
株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

株は底値圏で大きくとるべし大伸経済の資料請求はコチラ!

Download (PDF)

Pocket