経験がものを言う情報発信【星野三太郎の株街往来】

目次

自民党の総裁選

自民党の総裁選がスタートした。菅義偉官房長官でほぼ確定との見方が支配的だが、仮に落選しても得票数次第では存在感を示せるだけに、報道番組への出演はもとより、SNSを含めて各候補者の政策PRは多岐にわたっている。

SNSでの情報発信

個人的な肌感覚では、総裁選へ立候補しなかった河野太郎防衛相や吉村洋文大阪府知事あたりがツイッターを使った情報発信が上手く、賛否両論はあるものの、若い層では支持が高いようだ。こういうSNSでの情報発信は常日頃の配信の積み重ねによる経験が重要で、選挙に立候補するから突然配信を増やしたりしても、支持を集めにくいのかもしれない。

指摘されてから断念では不安

SNSとは形は少し違うが、残念だったのは石破茂元幹事長が断念したゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」による選挙運動への活用だ。任天堂規約で「政治的主張を含むもの」の利用禁止は、多くのゲームユーザが知るもので、指摘されてから断念では、先行き重要政策でミスをしないか不安視される。若い世代はこういうミスを重要視するだけに、それを指摘するブレーンの存在も重要と思う。

株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

株は底値圏で大きくとるべし大伸経済の資料請求はコチラ!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる