企業|企業速報 証券市場新聞

キャンバス(4575)が反発。29日引け後、10月20日から23日までボストンで開催される米国癌研究学会(AACR)主催のカンファレンスで、開発中の抗がん剤候補化合物「CBP501」についてポスター発表すると発表したことが材料視された。。
作業仮説どおりCBP501が標的の異なる複数の免疫チェックポイント抗体の作用を同様に増強することを示すとともに、がん細胞を殺傷するCD8 T細胞のがんの微小環境への浸潤が増えていることなど、がん微小環境の解析結果を発表する。

証券市場新聞

Pocket