企業|企業速報 証券市場新聞

スズキ(7269)が急反発。12日取引終了後、トヨタ自動車(7203)と協力関係の構築に向け、業務提携の検討を開始すると発表したことが買い手がかりになった。
スズキは軽自動車を中心に、価格競争力の高い自動車をつくる技術を一貫して磨いてきたが、先進・将来技術の開発に課題を抱える一方、トヨタは環境や安全、情報などに関する技術開発に取り組んでいるが、欧米各社に比べ他社との協力関係や標準づくりの面で遅れており、業務提携が有効と考えたとしている。
スズキはトヨタとの提携でエコカーなど環境技術や自動運転などの安全・情報技術への対応が強化されることのメリットが大きい。トヨタは軽自動車で新興市場に磐石の基盤を持つスズキと連携することで、オール・ジャパンによるグローバルマーケット対応がより強固になる。

証券市場新聞

Pocket