企業|企業速報 証券市場新聞

東京テアトル(9633)が4連騰、一時前営業日比49円高の1231円まで買われこの日も年初来高値を更新した。同社配給で今月12日から公開された「この世界の片隅に」(片渕須直監督)が公開から9日間で観客動員が11万人を突破したと伝えられたことが引き続き材料視された。小規模公開の作品としては異例のヒットを記録しており、東宝(9602)配給の「君の名は。」に続く今年の人気作品になる期待が高まっている。「この世界の片隅に」はこうの史代による漫画作品で「漫画アクション」(双葉社)で連載された作品が原作。
証券市場新聞

Pocket