企業|企業速報 証券市場新聞

マーキュリアインベストメント(7190)がストップ高。16日大引け後に12月30日を基準日として1対3の株式分割を実施することが材料視された。投資単位当たりの金額を引き下げることにより、より一層投資しやすい環境を整えることで、流動性の向上と投資家層の拡大を図るとしている。
証券市場新聞

Pocket