企業|企業速報 証券市場新聞

太洋物産(9941)が急落。22日取引終了後、16年9月期に債務超過に陥ったことから、上場廃止猶予期間入り銘柄になったと発表したことを受け、手じまい売りが先行した。今後、収益を悪化させた鶏肉は仕入、販売で相場変動リスクを極力抑え、安定的な収益を確保するため、加工食品に注力、早期に務超過を解消するとしている。猶予期間は17年9月30日まで。

 

証券市場新聞

Pocket