企業|企業速報 証券市場新聞

アプリックスIPホールディングス(3727)がストップ高。同社は20日大引け後に浄水器用IoT技術搭載製品が、キッチンシンクメーカー世界最大手のFrankeを通じてキッチン・バス業界の世界最大の見本市であるKitchen & Bath Industry Show 2016(KBIS)で発表したことを公表、これが好感された。
同社の浄水器用IoT技術を搭載した今回の製品では、浄水器が浄化した水の量を自動的に検出し、利用しているフィルターの種類ごとに交換が必要になったタイミングでユーザーに知らせるだけでなく、クラウドと連携した遠隔管理機能にも対応しているため、利用状況に合わせて最適な状態を維持して健康的な生活環境をストレスなく実現できるサービスの提供も可能。 すでに利用中の浄水器に後から取り付けることが可能なため、新しい浄水器に買い換える必要がないことが魅力で、全ての顧客が利用中の浄水器を簡単にIoT化することができる。

証券市場新聞

Pocket