企業|企業速報 証券市場新聞

タカタ(7312)が3日連続のストップ高まで買われた。米ウォール・ストリート・ジャーナルの電子版が12月28日に、タカタ製エアバッグの欠陥問題をめぐり、刑事訴追を視野に捜査していた米司法省と最大10億ドルの支払いなどで1月にも和解する見通しと報じており、これを引き続き材料視している。米司法省はタカタが誤った情報を発信し、安全に関わるエアバッグの情報を隠蔽した疑いで捜査、様々な問題で2014年1月27日に3300円を付けていた株価は昨年11月4日に312円まで売り叩かれた。急騰を演じているものの、値ごろ感からの買いが未だ継続している。
証券市場新聞

Pocket