企業|企業速報 証券市場新聞

明星電気(6709)が反落。26日取引終了後、17年3月期の連結業績予想を下方修正したことが嫌気された。

売上高を79億円から72億円(前期比14.8%減)、営業利益2億3000万円を2億5000万円の赤字(前期1億1100万円の黒字)、最終利益1億2000万円を4億円の赤字(同1億7200万円の黒字)へ。主力の気象防災事業が官公庁向け更新需要の端境期にあり、競争も激化していることから受注が計画を大きく下回り、2ケタ超の減収で赤字に転落する。収益悪化に伴い、1円を予定していた期末一括配当を無配とする。

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket