企業|企業速報 証券市場新聞

日立化成(4217)が急伸、前日比342円高の2101円まで上げ幅を広げ、東証1部値上がり率上位にランクインしている。
27日取引終了後に発表した今2016年3月期第3四半期累計(4~12月)の連結決算で、売上高4153億4200万円(前年同期比6.9%増)、営業利益372億8100万円(同2.2倍)と増収で利益が急増した。
半導体用ダイボンディング材料、半導体回路平坦化用研磨材料、銅張積層板、感光性フィルムのほか、機能性樹脂も堅調に推移、前年度に実施した希望退職など構造改革に伴う固定費削減効果も利益を押し上げた。
通期は売上高5500億円(前期比4.4%増)、営業利益500億円(同71.1%増)と前回予想を据え置いている。

証券市場新聞

Pocket