企業|企業速報 証券市場新聞

カイオム・バイオサイエンス(4583)が後場に入り急伸、前日比80円高の547円ストップ高まで上昇した。この日昼休み時間中に、開発を進めているDLK-1抗体に関する特許について、米国で特許付与の決定通知を受けたと発表、これを受けて買い気が盛り上がった。
特許はヒトDLK-1を標的としたヒト化モノクローナル抗体に関するもので、抗体はすでに複数のがん治療モデルで顕著な抗がん活性を示すことを確認している。今回が初めての特許付与決定となるが、日本、欧州を含む各国でも特許を出願しており、今後の知財戦略を強化するものと考えてるとしている。

証券市場新聞

Pocket