企業|企業速報 証券市場新聞

スマートバリュー(9417)と日本エンタープライズ(4829)がストップ高となった。18日の取引終了後、両社は資本業務提携すると発表したことが買い手がかりになった。
法人向け営業・開発力の強化や、M2M/IoTソリューションサービスの企画・開発・共同提案を行うことが提携の目的で、双方のクラウドとコンテンツソリューションについてのノウハウを融合して、業容拡大と業務効率化を図る。
日本エンターはスマートバリュー株式11万株(議決権所有割合4.86%)を取得する。

証券市場新聞

Pocket