企業|企業速報 証券市場新聞

住友金属鉱山<5713>が反発。4日のロンドン金属取引所(LME)で銅先物価格が1トン6917ドルと2014年9月以来約3年ぶりの高値をつけたことから市況改善による収益上振れを期待した買いが向かった。ガソリン車に比べ銅の使用量が多い電気自動車(EV)の普及で需要が拡大するとの思惑から銅先物価格が上昇している。国内大手証券による目標株価引き上げも買い気を誘ったようだ。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket