企業|企業速報 証券市場新聞

フィックスターズ<3687>が後場急伸。この日、早稲田大学高等研究所(所長: 宮島 英昭)と、イジングモデル型情報処理デバイスの高速化に関する理論的研究を目的とした共同研究契約を締結したと発表したことが材料視された。フィックスターズが、量子アニーリングマシンをはじめとするイジングモデル型デバイスを実問題に利用し、アーキテクチャを意識した高速化の検討に取り組む。また、早稲田大学高等研究所は、統計物理学の知見と大規模数値計算の手法を活かし、イジングモデル型情報処理の理論研究及び実用化に豊富な実績を持つ、田中 宗准教授が担当し、今回の研究における指導及び理論構築を行うという。

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket