企業|企業速報 証券市場新聞

ソフトバンクグループ<9984>が急反落。30日、傘下で米携帯電話4位のスプリントと同3位のTモバイルUSの経営統合に向けた協議を打ち切る方針を固めたことが伝わったことを受け、米国通信事業計画の頓挫を嫌気した売りが優勢になった。スプリントとTモバイルは経営統合で大筋合意すると見られていただけに、ネガティブに受け止められた。前日の米株市場でスプリントとTモバイル株も急落している。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket