企業|企業速報 証券市場新聞

日立製作所(6501)が反発。全般買い先行でスタートするなか、22日付日本経済新聞が「日立製作所の鉄道関連事業が自力成長とM&Aの組み合わせによる急拡大期を迎えている」と報じたことが株価支援材料になった。
「日本とアジアで強みを持つが、米欧で事業を広げる体制が整い、1700億円規模だった売上高は中長期的に1兆円を目指す」と伝えており、鉄道事業のグローバルメジャープレイヤーへの躍進と、グループ収益の牽引を期待した買いが先行している。

証券市場新聞

Pocket