企業|企業速報 証券市場新聞

セブン&アイ・ホールディングス(3382)が急落、前日比394円安の4168円まで下げ幅を広げ、2月につけた年初来安値を更新した。
各メディアがこの日に開催する取締役会で子会社のセブン‐イレブン・ジャパン井坂社長兼最高執行責任者(COO)の退任を提案すると伝えたことを嫌気した売りがかさんだ。井阪氏は09年に社長に就いてから約7年にわたりセブン‐イレブンの経営を指揮、業績を拡大しており、経営陣の対立によるグループ経営の混乱が警戒された。

証券市場新聞

Pocket