企業|企業速報 証券市場新聞

古野電気(6814)が急反落。14日大引け後に発表した16年2月期の連結決算は、営業利益29億1100万円(前の期比61.8%増)と大幅増益を達成したものの、17年2月期は一転、19億円(前期比34.7%減)と大幅減益を見込んだことで失望売りがかさんだ。
前期は商船、プレジャーボート向けに加え、医療機器も好調で、売り上げが拡大、収益力もアップした。今期は為替レートをドルは前期比約11円円高の110円、ユーロは約10円円高の125円を前提にしたことから収益が低下する。配当も前期は年間で10円(前の期8円)に増配したが、今期は8円に減配する。

証券市場新聞

Pocket