企業|企業速報 証券市場新聞

ヨシムラ・フード・ホールディングス(2884)が急落、最安値892円に顔合わせした。新規上場から90日間のロックアップ期間が過ぎ、大株主に売りによる需給懸念から売りがかさんだ。株価は上場初日の3月4日に公開価格880円の1.5倍となる1320円で初値をつけ、これを高値に900円割れまで下落、その後1100円台まで戻したものの、ロックアップ明けを機に手じまい売りが出ている模様。

証券市場新聞

Pocket