企業|企業速報 証券市場新聞

キユーピー(2809)が急反発。24日取引終了後、16年11月期の連結利益予想を上方修正し、配当を引き上げたことが好感されている。
通期について、売上高は5750億円を5600億円(前期比7.3%増)に引き下げたが、営業利益を280億円から290億円(前期比10.0%増)、純利益を150億円から159億円(同6.3%減)に引き上げた。高付加価値品の販売が好調に推移する一方、不採算商品の見直しによりコスト改善が進展、主要原料の鶏卵価格や燃料の軽油価格が想定を下回った。
利益上ぶれに伴い、期末配当を従来予想の15円から17円(前期16円50銭)引き上げ、年間配当を32円(同29円)に増配する。

証券市場新聞

Pocket