企業|企業速報 証券市場新聞

日立ハイテクノロジーズ(8036)が急騰、約半年ぶりに年初来高値を更新した。
27日取引終了後荷発表した17年3月期第1四半期(4~6月)の連結決算は、売上収益1496億円(前年同期比0.7%減)と減収ながら、営業利益158億6700万円(同27.6%増)と大幅増益で着地し、第2四半期累計(4~9月)の業績を修正、利益予想を増額したことが好感されている。
売上収益は3220億円から3100億円(同1.3%減)に引き下げたが、営業利益を173億円から217億円(同4.9%減)へ引き上げるなど利益を増額。先端産業部材の販売減で売り上げは計画を下回るが、医用分析装置や測長SEMなど高採算品の販売が伸びており、収益性が改善する。

証券市場新聞

Pocket