企業|企業速報 証券市場新聞

ソフトバンクグループ(9984)が反落。17日取引終了後、前日に1億6700万株、5000億円を上限とする自社株取得を終了したと発表したことから、当面の利益を確定する売りが先行した。
当初、取得期間は2月16日から1年間としていたが、前日までに取得総額が4999億9900万円と上限に達したことから買い付けを終了した。取得総株数は8514万株だが、8月1日から17日に半分近い3974万株を買い付けており、直近の株価急上昇は自社株買いによる効果が大きかったことが分かる。

証券市場新聞

Pocket