噴き値では確実に利益確定【正直じいさんの株で大判小判】

目次

全般底堅く中小型株物色

前週の東京市場は週初こそFOMC通過後の不安定な米国株に振らされて急落したものの、翌21日は急反発、中盤以降は薄商いに上値は重かったものの、着実に下値を切り上げ、25日線上に浮上する底堅い動きでした。オミクロン株への警戒感が後退したことや、海外勢がクリスマス休暇入りしたことが逆に売り圧力を弱めたようで、東証1部の売買代金は連日で2兆円を割り込みましたが、主力では半導体関連が人気を集め、新興市場では怒涛のラッシュを迎えたIPO物色がさらに盛り上がるなど、中小型株の個別物色が活発化しています。

レーザーテックやプラズマが最高値

推奨銘柄ではレーザーテック<6920>やプラズマ<6668>、芝浦メカ<6590>が最高値更新、田中化研<4080>も新値抜けへ上げ足を速めました。高値抜けが期待できる強い銘柄と初値が安く抑えられた直近IPOの修正高も狙う方針で、湖北工<6524>と三和油化<4125>に打診買いを入れましたが、週明け以降は下値を拾う一方、噴き値では確実に利益を確定する考えです。

花咲 翁

 

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる