ALBERTが軟調、Dr.アバター利用患者の理解度を推定するAIの開発開始も悪地合いに押される

ALBERT<3906>が軟調。同社は11日の取引終了後、日本ユニシスと共同で、「内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」第2期「AI(人工知能)ホスピタルによる高度診断・治療システム」の一環として、Dr.アバター(医師の仮想分身)によるインフォームドコンセント支援システムに活用することを目的に、Dr.アバター利用患者の理解度を推定するAIの開発を開始したと発表したが悪地合いに押された。医療分野では、データ解析と AIの活用が期待される一方、社会実装に向けては倫理的・法的・社会的課題が重要。開発にあたっては、日本ユニシスグループのAI倫理指針に則り、高度な解析や統計専門スキルの提供に関するELSIについて、ステークホルダーとの継続的な検討を行っていう。

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Makuakeプロジェクト! MURAMO「AI瞬間調光&偏光サングラス」

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる